ボウリング馬鹿なオヤジボウラーの日記

プロフィール 

ochan


30代後半になってスポーツボウリングにはまってしまいました。
もう少し早く始めれていたら…なんて思ったりもしますが、ボウリングは歳を重ねてからでも若い人と互角に渡り合えるスポーツですから、気長にかつ真剣にがんばります。V(^0^)

まいぼくんバナー傾向と対策バナーにほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ  ボウリング リンクサーチ バナーblogram投票ボタンおきてがみ

アクセスカウント 

累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

アクセスもとはいずこ? 

ブログパーツ 


ジオターゲティング

最近の記事 

最近のコメント 

カテゴリー 

携帯からならこちらからどうぞ 

QRコード

最近のトラックバック 

アクセス解析 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

フィンガーに乗るって…

 今日で1週間なげてないです。こんなに間があいたのはいつ以来だろう…。次行ったときが非常に不安…。
 先週からちょっと考えていたことを今日は書いてみます。

 ボウリングの投球に関して、『フィンガーに乗る』って表現をよく聞きます。回転のある、ピンヒットしても中に食い込んで行くような強いボールをなげるために必要なことというか、ある意味スポーツボウリングの基本のような言葉のように受け取っています。
 なんですが、私はこの感覚がわからないんです。フィンガーに重さを感じるんだと思うんですが、そんな風に感じたことがありません。2005年1月号のボウリングマガジン(だったかな?)の『明後日はストライク』の連載で、ボールリターンのところでサムを抜いたあと、フィンガーで前にボールを押す練習が書かれていました。それをやろうとしてもなかなかうまくいきませんし、その時感じるような重みを実際の投球では感じれないんですよねぇ…。

 『フィンガーに乗る』ためには、スイングの最下点でサムが抜けるということが必要になってくるのだと認識していますが、自分が一体どこでサムが抜けているのかもわからないです。(^^;;;

 むずかしく考えすぎなのかなあとも思うのですが、なにか釈然とせず、”もやっと”感が残る今日この頃です。

 やっぱり、サムの抜ける位置、フィンガーに乗るという感覚は重要ですよねぇ。
スポンサーサイト
2005/08/17 19:14|明々後日はストライクコメント:13

グーバーウォーク 

カレンダー 

プルダウン 降順 昇順 年別


07月 | 2005年08月 | 09月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


リンクリスト 

広告スペース 

お得なポイント貯まる!ECナビ
フルーツメール


お友達になって~ 

この人とブロともになる

FC2ブログの方、よろしければお願いします。m(._.)m

私のお友達 


■ ブログ名:ボウリングな日記と記録

■ ブログ名:ボウリングmemo☆

■ ブログ名:~ボウリング情報~

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

これを使うといいかもよ 

こっそりおはなし 

内緒のお話はこちらから送っていただくこともできます。 一度試されてみては?V(^0^)

名前:
メール:
件名:
本文:

おまけ? 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。