ボウリング馬鹿なオヤジボウラーの日記

プロフィール 

ochan


30代後半になってスポーツボウリングにはまってしまいました。
もう少し早く始めれていたら…なんて思ったりもしますが、ボウリングは歳を重ねてからでも若い人と互角に渡り合えるスポーツですから、気長にかつ真剣にがんばります。V(^0^)

まいぼくんバナー傾向と対策バナーにほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ  ボウリング リンクサーチ バナーblogram投票ボタンおきてがみ

アクセスカウント 

累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

アクセスもとはいずこ? 

ブログパーツ 


ジオターゲティング

最近の記事 

最近のコメント 

カテゴリー 

携帯からならこちらからどうぞ 

QRコード

最近のトラックバック 

アクセス解析 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

子供は親を見て育つ

 小学生以下の子供を持つ親の身としては、子供には礼儀正しい子になってほしいと、漠然と思っていましたが、今日みかけたMLの記事でちょっと考えさせられることが書いてあったので、自分自身が忘れずにいれるように、ここに残しておこうと思います。


 『子供が礼儀正しくなるかは、親が礼儀正しくしているかによる。』


 当たり前といえば当たり前だと思わされましたが、子供の見本にはなっていないなあと反省。(x_x;)シュン

 まずは、明日からはしっかり挨拶できるようにしようと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         ~ビジネスに効く!~ 「言葉のお薬」
           http://www.ohanashi.co.jp/mm/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                     2006/01/10号 読者数:5,138人

───────────────────────────────────
 「言葉のお薬」は、日本話し方センター創業者、所長江川ひろしの
 「心」を継承していく毎週火曜日発行の週刊メールマガジンです。
 ビジネスにおける効果的な「言葉」の使い方を一緒に考えていきましょう。
───────────────────────────────────

■ 心を癒すちょっといい話「挨拶でヨン様の笑顔を得た!」
───────────────────────────────────

私のお客様は、強面でとても話しかけられずらい雰囲気を持った職人さんばか
りです。

「あのー・・・。商品をお持ちしたんですけども・・・。あのー・・・。」
「うるせー!さっきから聞こえてんだよ!その辺に置いとけ!」
「・・・すいません」

とてもストレスが溜まりますし、やけ食いで一ヶ月で体重が5キロ太ったこと
がありました。配達にいくのもいやになりました。

そんな時、“挨拶は人の心を開く鍵である”ということを学んだことを思いだ
しました。

「これだ!」と思い立ち、早速、明るく大きな声で挨拶をするようにしてみま
した。

「こんにちは!ご注文の商品をお持ちいたしました!」
「おー、その辺に置いといてくれ」
「解りました。それでは、こちらの邪魔にならない角に置かせていただきます」
「わりーな、いつも一人で持たせちゃって」
「いえいえ、またよろしくお願いいたします」

今までの会話の苦労は何だったのでしょう。さらに最近ではもっとたくさんの
お話をさせていただくようになりました。

「こんにちは!この現場はいつまで作業されるんですか?」
「そーだな、一週間ぐらいかな。いやなに、お前が水道管の穴をほってくれれ
ば早いんだよ」
「いや、それは僕の仕事じゃないですよ」
「あっ、そーか。アハハ・・・。そういえばさ、追加で注文したいものがある
んだけど、頼めるか」
「はい、ありがとうございます。すぐにこちらに飛んできますよ」
「そうか、よろしくな!」

そう言ってお客様はヨン様に負けない笑顔を返してくれました。「挨拶」でお
客様である職人さんの心を開いたことで、仕事が楽しくなりました。

挨拶が、人と人をつなぐ大きな鍵であることを体で実感いたしました。これか
らも「先んずれば人を制す」の精神で、人より先に積極的に挨拶を行っていき
ます。

(2005年12月「話し方教室」修了式スピーチより一部抜粋)


■ 今日の解説「挨拶の大切さ」
───────────────────────────────────

挨拶がよい人間関係を作る大事な鍵です。ところが意外なことに日本人は「挨
拶」が上手な国民とは言いがたいところがあります。

ご家庭で挨拶をされていますか。「おはよう」「行ってきます」「ただいま」
とおっしゃっていますか。

世の中は礼から始まります。この「礼」は挨拶のことです。

礼儀としての挨拶を欠くと人間関係が壊れます。夫婦の間でも、親子の間でも
礼儀があります。まして他人様との間では、なおのこと礼儀としての「挨拶」
が大切です。

「○○さん、何処そこまでお使いに行ってきて」
「ハイ。行ってまいります」

そう返事をするのが挨拶です。戻ってきたら「ただ今戻りました」と挨拶する
のが礼儀です。

ところが「行ってきて」と頼んでも、黙って出かけてしまい、帰ってきても黙っ
て座ってしまいます。これでは行ってきたのか、これから行くのかわかりませ
ん。これでは礼を欠いています。

「○○さん、これでわかりますか」、そう聞かれたら「ハイ。わかります」
「ハイ。わかりません」と、まずは「ハイ」と返事をするのが挨拶です。

ある社長と雑談をしておりましたら、こんなことを言われました。

「この頃の若い人たちは、どんな教育を受けているんでしょうね。社長の私に
会っても『おはようございます』ひとつ言えません。黙っているし、帰るとき
もだまっていなくなる。困ったことです。礼儀一つ知りません。」

そう嘆かれていたので私はこう言いました。

「社長さん、決して悪気はないんです。今の若者は挨拶の仕方を知らないだけ
なのです。つかぬことをお伺いしますが、社長は朝起きた時に奥様に『おはよ
う』と挨拶をなさっていますか。

おやりになっていると思いますが、もし、おやりになっていないとしたら、だ
から挨拶をしなくてもいいと思う子供が育ってくるのではありませんか。」

親御さんが「一郎、おはよう。いつも早いな」とおやりになっている家庭であ
れば、「挨拶をしなさい」と言われなくても、子供は親の姿も見て、朝起きた
ら「お早うございます」と言うようになります。人に会ったら「こんにちは」
と自然に挨拶をするようになります。

親が挨拶をしないから、挨拶をしなくてもいいと思う子供が育ってくるのでは
ないでしょうか。

近所の人に会っても知らん顔をしている、会社にいても黙っている、そういう
子供が育ってしまうのです。

全ては親に責任があるのです。まず、親が挨拶をすることです。子供は親のす
るとおりに育ちます。

ですから昔から「親を見れば子供がわかる。子供を見れば親がわかる」と言わ
れるのです。子供は恐ろしいくらい親のするとおりに育っていきます。

会社も同じです。「社長を見れば社員がわかる。社員を見れば社長がわかる」、
なのです。

子供の躾も、小さなことを習慣つけることで立派な人間に育っていきます。こ
ういう小さなことがしっかりできることで、自分の生き方に自信を持てること
にもなります。ビジネスの世界でも、仕事の出来る人は、きちんとした躾が身
についています。

私たちは、小さなことをきちんとすると気持ちが変わります。気持ちが変わる
と行動が変わります。行動が変わると、人生が変わります。

「まずは挨拶からはじめませんか。」

※ 実践なき知識はゼロです。あなたも行動を起こしてみませんか?
  → http://www.ohanashi.co.jp/class/

- - - - - - - -- - - - - - - -- - - - - - - -- - - - - - - -- - - - - - - -- - - - - - - -- - - - - - - -- - - - - - - - - - - ---
 あなたが最近感動した話を投稿してみませんか。掲載させていただいた方に
 は所長江川ひろしの小冊子とCDを差し上げます。
 → メールで投稿する mm@ohanashi.co.jp
- - - - - - - -- - - - - - - -- - - - - - - -- - - - - - - -- - - - - - - -- - - - - - - -- - - - - - - -- - - - - - - - - - - ---


■ 編集後記
───────────────────────────────────

寒中お見舞い申し上げます。

お健やかに新しい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。雪国では連日大雪
の情報が伝えられておりますが、皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか。
ご案じ申し上げております。

2006年度第一号のメルマガお届けいたします。

私どもは、今年も創業者江川ひろしの「話し方の指導を通して一人でも多くの
人に幸せになってほしい」という熱き思いを伝えてまいります。

今年から少しスタイルを変えてみました。いかがでしょうか。今年も一人でも
多くの方にいくらかでもお役に立てますように・・・・と心からの願いをこめ
て配信いたしてまいります。今年もよろしくお願いを申し上げます。

これから春先まで厳しい寒さの日々とのことでございます。くれぐれもご自愛
あそばしまして、2006年も輝かしい佳い年となりまうようお祈り申し上げます。

ありがとう存じます。

日本話し方センター 島田浩子

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ~ビジネスに効く!~ 「言葉のお薬」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行元:    日本話し方センター
         東京都新宿区西新宿1-3-3 品川STビル新宿5階
         TEL:03-3342-0874 FAX:03-3342-0840
         http://www.ohanashi.co.jp/
■購読中止・変更:http://www.ohanashi.co.jp/mm/
■発行元    :http://www.mag2.com/ (ID:117893)
         http://www.melma.com (ID:m00100861)
         http://macky.nifty.com/ (ID:ohanashimm)
         http://www.melonpan.net/ (ID:005430)
■ご意見・ご感想:mm@ohanashi.co.jp までお願い致します!
■このメールマガジンは転送自由です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      Copyright 2006 Ohanashi.co.jp All rights reserved.



………………………………………………………………………………………………
◆RanStaのマガジン登録状況確認は[マイページ] http://my.ransta.jp/
◆メルマガの退会はこちら http://ransta.jp/contents/guide/magrelease.html
………………………………………………………………………………………………

関連記事
2006/01/10 23:23|徒然なるままの日記コメント:4
コメント
おーちゃんが、記事などをBLOGすればよかった?



BlogPetのぽけっと #79D/WHSg|2006/01/11(水) 14:20 [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
私もおーちゃんさんに負けないように頑張らねば...。
礼儀の話,良いですね。自分も気をつけないと。


我夢 #79D/WHSg|2006/01/11(水) 21:02 [ 編集 ]
うなづきながら最後まで読んじゃった、多少耳痛いとこもあり^-^;


みちる。 #79D/WHSg|2006/01/11(水) 23:52 [ 編集 ]
そうなんですよね、言われてる事は分かるんですが、出来てないのが現状ですね。

torokakke #79D/WHSg|2006/01/12(木) 03:35 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ochan299.blog65.fc2.com/tb.php/373-f25224c5

グーバーウォーク 

カレンダー 

プルダウン 降順 昇順 年別


10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


リンクリスト 

広告スペース 

お得なポイント貯まる!ECナビ
フルーツメール


お友達になって~ 

この人とブロともになる

FC2ブログの方、よろしければお願いします。m(._.)m

私のお友達 


■ ブログ名:ボウリングな日記と記録

■ ブログ名:ボウリングmemo☆

■ ブログ名:~ボウリング情報~

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

これを使うといいかもよ 

こっそりおはなし 

内緒のお話はこちらから送っていただくこともできます。 一度試されてみては?V(^0^)

名前:
メール:
件名:
本文:

おまけ? 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。